JetsonNanoの初期設定と日本語入力設定

Jetson Nanoの初期設定から日本語入力を行える環境を作るまで。

覚書を記録しておこうと思います。


Jetson Nano初期設定

起動用microSDカードの作成

OSは、2020年4月に公開されたJetson Nano Developer Kit SD Card Image バージョンJP4.4 DPを使用しました。

Ubuntu 18.04 LTSベースで、JetPack 4.4 DPが含まれています。

microSDカードは容量64GBのものを使用しましたが、問題ありませんでした。

動作速度の早い、UHS-I U3 A2仕様を必ず使いましょう。速度の遅いUHS-I U1等のmicroSDカードと比較すると、OSの起動やアプリケーションの起動速度が全く違います。

microSDカードへの書き込みはEtcherを使用させて頂きました。


Ubuntu 18.04の初期設定

  1. microSDカードをJetson Nanoにセットして起動します。
  2. 「I accept the terms of these licenses accept the terms of these licenses」にチェックを入れて「Continue」ボタンをクリックします。
  3. 言語を選択します。「日本語」を選択して「続ける」をクリックします。
  4. キーボードレイアウトを選択します。
  5. タイムゾーンを選択します。Tokyoが選ばれていますので、そのまま「続ける」をクリックしました。
  6. ユーザ名、ホスト名、パスワードを入力します。
  7. APPパーティションサイズを入力します。64GBのmicroSDカードの場合、図の値が最大サイズとして自動入力されています。データ用のパーティションを別途作りたい場合は、値を変更します。
  8. 「続ける」ボタンをクリックすると初期設定が完了し、自動再起動します。

gnome初期設定

再起動後、gnomeの初期設定が開始されます。

  1. 必要があればLivepatchの設定を行い、右上の「Next」をクリックします。
  2. 開発支援の情報を送信するかどうか選択します。
  3. gnomeの初期設定が完了しました。

Ubuntuの更新

  1. 右クリック→Open Terminalで端末を開きます。
  2. コマンドラインで不要なソフトの削除やパッケージの更新を行いました。
    # LibreOfficeはあまり使用しないため削除しました
    sudo apt remove libreoffice-* -y
    # apt-utilsをインストール
    sudo apt install apt-utils -y
    # パッケージの更新
    sudo apt update
    sudo apt upgrade -y
    


日本語入力設定

  1. System Settingsを開きます。
  2. Language Supportを開くと「言語サポートが完全にはインストールされていません」と表示されます。「インストール」ボタンをクリックします。言語サポートのパッケージがインストールされますので、しばらく待ちます。
  3. 「メニューとウィンドウの言語」欄の「日本語」をいちばん上ドラッグします。
  4. 最後に「キーボード入力に使うIMシステム」を「fcitx」に変更します。
  5. 変更を反映するため再起動します。

以上で日本語入力設定が完了しました。

再起動するとfcitxが有効になり、日本語入力が可能になりました。入力の切り替えは「半角/全角」キーか、CTRL+スペースキーで切り替えられるようです。

これでJetson Nanoのデスクトップが実用的に使用できるかと思います。

宜しければ設定してみてください。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク