Raspberry Pi 4版Fedora 37のIPアドレス設定等コマンド覚書

先日、Raspberry Pi 4でFedora 37 Serverを起動しました。

Raspberry Pi 4でUSBストレージから起動したFedora 37のパーティションを拡張するには
Raspberry Pi 4に、容量1TBのUSB HDDを取り付けて。 64ビット版Fedora 37 Serverを起動してみまし...

システムの更新や、ホスト名の設定等。

コピペ用のコマンドを記録したいと思います。


Fedoraアップデート

sudo dnf up -y

さしあたり、インストール直後は、アップデートしておいたほうが宜しいかと思います。

あとはメンテナンスのタイミングで実行する感じでしょうか。


ホスト名設定

hostnameコマンドは、違いました。再起動すると戻ってしまいます。

sudo hostname pi4.local

正解は

sudo hostnamectl set-hostname --static pi4.local

こちらのhostnamectlが正解でした。


IPアドレス確認

nmcli
nmcli device status
nmcli connection show


IPアドレス変更

こちらの公式資料より。

https://access.redhat.com/documentation/ja-jp/red_hat_enterprise_linux/8/html/configuring_basic_system_settings/configuring-a-static-ethernet-connection-using-nmcli_assembly_configuring-and-managing-network-access

nmcliコマンドでIPアドレスを変更しますが、デバイスではなくコネクションを指定する必要があります。

また複数の DNS サーバーを設定するには、空白で区切って引用符で囲むそうです。

sudo nmcli connection modify <コネクションのUUID> ipv4.addresses <IPアドレス>/24
sudo nmcli connection modify <コネクションのUUID> ipv4.gateway <ゲートウェイアドレス>
sudo nmcli connection modify <コネクションのUUID> ipv4.dns "<DNSアドレス>"
sudo nmcli connection modify <コネクションのUUID> ipv4.method manual
sudo nmcli connection up <コネクションのUUID>

最後にコネクションをアクティベートして、変更を反映します。

図はipv4.method manualを実行しておらず、DHCPと静的IPが両方割り振られてしまいました。

ipv4.method manual実行後、静的アドレスのみ有効になりました。


Cockpit Web Serviceの有効化

sudo systemctl enable --now cockpit.socket

CockpitはFedora 37 Serverに標準で搭載されているようです。

サービス起動後、次のURLでアクセス可能です。

http://<Raspberry PiのIPアドレス>:9090

Cockpitの機能拡張をdnfコマンドで探すことが可能です。

dnf search cockpit

たとえばSMBやpodman等、Fedora 37 Serverで標準搭載されているパッケージがありますが、対応するcockpitの機能拡張UIをインストールすることで、Cockpit画面で管理が可能になります。

sudo dnf in cockpit-file-sharing cockpit-podman

インストール後、Cockpitのメニューが追加されました。


このような感じで、ホスト名、静的IPアドレス、Cockpitの設定を行ってみました。

Fedoraを使用するにあたり、ネットワーク設定はnmcliコマンドは押さえておく必要があると思います。

今度こそ、サービスのインストールに入りたいと思います。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク