Windows 10 PCでUbuntu 18.04を起動してデスクトップを使用するには

JETSON NANOで遊ぼうと思ったところ、ホストコンピュータ(開発用のPC)にx64版のUbuntu 18.04が必要ということで。

Windows 10のPCしかありませんが、Ubuntuですか?そうですか。そこを何とか。

Windows 10のPCに仮想環境のUbuntu 18.04をインストールして、GNOMEデスクトップにアクセスする手順を記録しておこうと思います。

※2019年4月現在、WSL(Windows Subsystem for Linux)を使用した新しいUbuntuのインストール方法も御座います。

こちらの方法は、以前からあるVagrantを使用した方法になります。ストアアカウント等が不要ということで、こちらを選択致しました。


VagrantのUbuntu 18.04/GNOMEデスクトップインストール手順

全体的な流れはこのような感じです。

  1. VirtualBox、Vagrantのインストール
  2. VagrantでUbuntu 18.04をインストール(仮想マシンの作成)
  3. Ubuntu初期設定とアップデート
  4. X Window Systemインストール・VNCServer設定
  5. WindowsからVNC Serverへ接続・微調整

使用するPCは、CPU仮想化技術のIntel VTまたはAMD AMD-Vに対応している必要があるかと思います。Hyper-Vは使用しませんので、Windows 10 Homeでも大丈夫かと思います。

VirtualBox、Vagrantのインストール

こちらのサイトから、VirtualBox、VirtualBox Extension Pack、そしてVagrantをダウンロードさせて頂き、インストール致しました。

Intel VT-x,AMD-VのUEFI有効化や、Hyper-Vの無効化が必要な場合、こちらの記事を御覧ください。

インストール後、vagrantのコマンドを使って、VirtualBoxへ仮想マシンを作成する流れになります。

Ubuntu 18.04仮想マシンの作成

  1. PowerShellまたはコマンドプロンプトを起動します。
  2. 実行環境を格納するフォルダを作成、Ubuntu 18.04(ubuntu/bionic64)のboxを追加(イメージのダウンロード)、vagrant initでVagrantfile(設定ファイル)を作成しました。ゲストプラグインもインストールしておきます。

  3. Vagrantfileをテキストエディタで編集します。

    次の内容追加しました。

    X Window Systemを動かす都合から、使用するメモリーを1GBから2GBに変更しました。VNCのポートもマップしました。
  4. vagrant upで仮想マシンを起動後、vagrant sshでログインします。

Ubuntu 18.04.2にログインできましたでしょうか?

Ubuntu初期設定とアップデート

VagrantのUbuntuオフィシャルイメージは、mirrorサイトの設定がされていないため、既定の設定では、遠くのアップデートサーバーを参照するようです。このあたりを調整しつつ、アップデートを行っておきます。

  1. /etc/apt/sources.listファイルを編集して(近くにある)ミラーサイトを参照するようにします。

    2箇所変更しました。

  2. アップデート・アップグレードしておきます。
  3. ubuntuユーザのパスワードを設定しておきます。

X Window Systemインストール・VNCServer設定

ウィンドウマネージャーはgnome-sessionをインストールしましたが、手動でvncserverを動かした場合は特に問題ありませんでした。

もし手動ではなくsystemdから起動したい場合、どうもうまく動かないようですので、xfce等に変えられたほうが良いかもしれません。(vncserverプロセスからXサーバ本体を起動するタイミングで失敗するようです)

  1. ubuntu-desktopとgnome-sessionをインストールします。

    先程ミラーサイトを設定しましたので、既定の状態よりもダウンロードは早いかと思いますが、まあのんびり待ちましょうか。

    正常にインストールされましたでしょうか?

  2. VNCServerをインストールします。

  3. 一度vncserverを起動して、パスワードを設定します。

  4. 起動したvncserverを終了しておきます。

  5. ~/.vnc/xstartupファイルを作成します。

    exec gnome-session &という1行のみですが。

  6. 最後に、外部からアクセスできるかたちでvncserverを起動します。

    どうも(Vagrantの?)Ubuntu 18.04は、待ち受けIPアドレスが127.0.0.1:5901になるようです。localhost noオプションを付けると外部から接続できるようになりました。

以上で、基本的なインストールが完了しましたが、もう少し。

Vagrantを使っている=外部からパスワードでログインできないため、少し微調整が必要なようです。

WindowsからVNC Serverへ接続・微調整

WindowsからX Window Systemへアクセスするために、VNCクライアント(ビューワー)をインストールしました。

VNCクライアントは種類がありますが、Ultra VNCを使用させて頂きました。

今回の目的、Ubuntuの画面を表示する場合は、基本的にビューワーのみインストールすれば大丈夫かと思います。

VNC Viewerを起動後、VNC Server欄に「localhost:15901」と入力、Conectボタンをクリックします。先程、10番で入力したVNC接続用パスワードを入力します。X Window Systemの画面が表示されましたでしょうか?

  1. 画面の指示に従って、初期設定後。
  2. 画面左上、Activities→SHow Applications→Settingsを起動します。
  3. Power→Power Saving→Blank screenを「5 minutes」から「Never」へ変更しました。

デスクトップはvagrantユーザがログインしたかたちですが、パスワードを入力できないため、画面ロック後の解除ができません。これでロックしない=パスワードの入力が不要な状態になりました。

Vagrant操作コマンド(コピペ用)


以上で、Windows 10の中でUbuntu 18.04を動かして、VNCでデスクトップにアクセスできるようにしてみました。

デスクトップ上で何か設定を変更したり、ソフトウェアをインストールする場合、パスワードの入力が必要になりますが、7番で設定したubuntuユーザのパスワードを入力すれば大丈夫のようです。

画面サイズの調整は、vncserverのオプションを追加して行えます。

そのあたりの調整をしながら、実用的な環境を作ってみましょうか。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク