Ubuntu 18.04にNVIDIA SDK Managerをインストールしてみました

Jetsonの開発環境をセットアップする方法の1つに、NVIDIA SDK Managerがあります。

Ubuntu 18.04にNVIDIA SDK Managerをインストールする手順を記録しておこうと思います。


Ubuntu 18.04にNVIDIA SKD Managerをインストール

使用したUbuntu環境

こちらの記事の環境を使用しました。

Windows 10のVagrantで、Ubuntu 18.04のx64版を起動しました。

X Window Systemはubuntu-desktopをgnome-sessioinで動かしている環境です。

(gnomeではないような)他の環境では必要なライブラリが異なる可能性も御座います。

※19.4.6現在:VagrantのUbuntuの場合、USB端子に接続したJETSON NANO開発者キットを認識しませんでした。USBによる通信はできませんのでご注意下さい。

Jetsonの開発環境について

こちらのダウンロードセンターに、NVIDIA SDK Managerのダウンロードリンクがあるようです。

こちらからダウンロードしたdebパッケージをUbuntuへインストールする流れになります。

インストール手順

  1. Ubuntu環境へsshでログインしました。
  2. sdk managerをダウンロードします。

    URLは、上述のJetson Download CenterページのNVIDIA SDK Managerのリンクになります。

    生成されたnv-sdk-managerファイルは、debパッケージのようです。dpkgコマンドでインストールできますが。

    ライブラリが不足してインストールが止まりました。

  3. 不足するライブラリーをインストールします。

  4. nv-sdk-managerをインストールします。

以上でUbuntuデスクトップからSDK Managerを起動できるようになりました。

※実際にSDKをインストールする場合、仮想環境(VagrantのUbuntu)ではストレージ容量が不足する場合があるようです。SDKのインストール後、21GB程度の容量を使用しています。

21GB以上、事前にストレージ容量を拡張する必要が御座います。よろしければこちらの記事を御覧ください。

インストール後、X Window SystemにてSDK Managerを起動できますが。NVIDIA Developerアカウントが必要のようです。

アカウント登録の方法は、よろしければこちらの記事を御覧ください。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク