Raspberry Pi 4 model BのUbuntu Benchmarkは(Ubuntu 19.10 aarch64版)


以前、他のシングルボードコンピュータで、Ubuntu benchmarkを動かしてみました。

先程、Raspberry Pi 4 Model Bに64ビット版のUbuntu 19.10を動かしてみましたが。

性能評価の参考例として、Ubuntu benchmarkと同様にhardinfoとsysbenchを動かしてみました。(Ubuntu Benchmarkのパッケージは無くなったようです)

新しいベンチマークの方法と結果を記録しておこうと思います。


hardinfoとsysbenchのインストール

Ubuntu 19.10の場合、次のコマンドでhardinfoとsysbenchをインストールしました。

hardinfo実行結果

最初に、hardinfoを動かしてみましょう。

結果はこのような感じです。

CPUは、1500MHz ARM Cortex-A72 r0p3(AArch64)が4つ構成のようです。

  • [CPU Blowfish]7.290007
  • [CPU CryptoHash]1.149453
  • [CPU Fibonacci]2.060659
  • [CPU N-Queens]9.834657
  • [CPU Zlib]12.086398
  • [FPU FFT]5.138995
  • [FPU Raytracing]3.210649

ふむふむ。


sysbench実行結果

cpuテスト

このような感じになりました

  • CPU speed
    • events per second: 1490.88
      • 値が大きければ1秒あたりの処理回数が多い。
  • General statistics
    • total time: 10.0008s
    • total number of events: 14916
  • latency(ms): 小さければ処理の遅延が小さい。
    • min: 0.67
    • avg: 0.67
    • max: 0.69
    • 95th percentile: 0.69
    • sum: 9995.11
  • Threads fairness:
    • events (avg/stdded): 14916/0.00
    • excution time (avg/stddev): 9.9951/0.00

threadsテスト

Raspberry Pi 4は、4コアのCPUということで。コア数の大きいCPUのほうが、threadsの結果は大きい傾向のようです。

  • General statistics
    • total time: 10.0011s
    • total number of events: 43790
  • Latency(ms)
    • min: 2.00
    • avg: 2.36
    • max: 2.46
    • 95th percentile: 02.43
    • sum: 9998.51
  • Threads fairness
    • events (avg/stddev): 4234/0.00
    • execution time (avg/stddev): 9.9985/0.00

fileioテスト

テスト用ファイルの作成

予めテスト用のファイルを準備しておきます。

シーケンシャルリード(seqrd)

こちらは起動にしようしたmicroSDカードのテストになります。

結果は、29.86MiB/sとなりました。

使用したmicroSDカードは、UHS-I U3 A1容量256GBのものです。

UHS-I U3対応のmicroSDカードは、最低速度30MB/sが保証されています。一方、UHS-I U1のものは、最低速度10MB/sが保証されていますが、30MB/sを超えることは無い感じがします。(※個人的に実験をした範疇においてであり、すべてのmicroSDカードの製品について言及するものではありません)

Raspberry Pi 4のmicroSDカードアクセス速度について、29.86MiB/sの速度を出したい場合は、少なくとも、UHS-I U3の製品を買っておく必要がある感じがします。U1の場合、製品により、それ以下の速度になる可能性がある、という感じでしょうか。

この後のランダムアクセスについても、同様の状況のようです。

シーケンシャルライト(seqwr)

書き込み速度のほうは、21.07MiB/sとなりました。

ふむふむ。

ランダムリード(rndrd)

ランダムリードは、52.66MiB/sになりました。繰り返しになりますが、UHS-I U3 A1のmicroSDカードを使用した結果になります。

別のmicroSDカードを使用した場合、A1/A2/(無印)で結果が変わる可能性もあります。

ランダムリードは、結果があまりに早すぎるため、念の為、もう一度測定しました。計測しなおしても、51.30MiB/sということで、なかなかのアクセス速度かと思います。

ランダムライト(rndwr)

ランダムライトの速度は6.16MiB/sとなりました。

同じ測定条件(同じmicroSDカード)ではありませんが、Rock64の場合0.93MiB/sという結果でしたので、かなり良い結果かと思います。

テスト用ファイルの削除


以上のような感じで、Raspberry Pi 4 model Bで64ビット版のUbuntu 19.10を動かして、各種ベンチマークソフトを実行してみました。

Raspberry Pi 4 model Bは、今の所(※19.12.1現在)、microSDカードによるブートにのみ対応し、USBストレージによる起動に対応していない感じです。

よって、使用するmicroSDカードの性能が、システム性能に大きく影響するかと思います。

sysbenchの結果から、microSDカードへのアクセス速度は、30MiB/sに近いことがわかりました。

またランダムアクセス(読み込み)性能も50MiB/sを超えています。

この結果から、microSDカードは、安価なUHS-I U1対応製品よりも、ワンランク上のUHS-I U3 A1やUHS-I U3 A2の製品を選ぶほうが良さそうな感じです。

さてさて。良さげなmicroSDカードを探せたところで。

Raspberry Pi 4の性能を十分に引き出して、あんなことや、こんなことで楽しく遊びましょう!

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク