リモートデスクトップのWindowsファイアウォール設定

先日のWindows10 Fall Creators Updateを適用したあたりから。

いつの間にか、Windowsへリモートデスクトップ接続できなくなっていました。

「このコンピューターへのリモート接続を許可する」が有効にも関わらず・・・

以下の手順で接続できるようになりました。


リモートデスクトップのWindowsファイアウォール設定変更

リモートデスクトップの受信を有効化

Windowsファイアウォールの「リモートデスクトップ」関連の設定が無効になっていました。次の手順で有効化します。

  1. スタートメニューから、コントロールパネル→システムとセキュリティ→Windows Defender ファイアウォールを開きます。Winキー+R→「control firewall.cpl」でも開けます
  2. 左側メニューの「詳細設定」をクリックします。
  3. 「受信の規則」の中から「リモートデスクトップ」で始まる3行を選択します。右クリックメニュー→「規則の有効化」をクリックします。
  4. 緑色のアイコンが表示されて、リモートデスクトップのファイアウォール設定が「有効」になります。

これで以前と同様に、リモートデスクトップ接続ができるようになりました。


関連情報

「セキュリティが強化された Windows Defender ファイアウォール」をコマンドラインで開く場合

ファイアウォールの設定は、下記のコマンドで直接開けるようです。

ネットワーク プロファイルの確認手順

  1. Windows 10のネットワーク設定画面を開きます。

  2. 画面左側「イーサネット」をクリックします。
  3. 対象のネットワークをクリックします。上記の画面の場合「ネットワーク」アイコンになります。
  4. ネットワーク プロファイルを確認します。

ネットワーク プロファイルが「プライベート」に設定されている場合、ファイアウォールの設定を変更しなくても、リモートデスクトップが接続できる場合があるようです。

ただし、同じネットワークセグメント内のPCに限ります。

別のセグメントから接続したい場合は、ファイアウォールの設定変更が必要になります。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク