ボーレート(スピード)を指定してTeraTermでシリアル接続するには

シングルボードコンピュータのシリアルコンソールに接続する時。

ボーレートの設定が、Raspberry piの場合115200だったり、ROCK64やNano Piの場合1500000だったり。

ボーレートの切替が、地味に面倒だったりします。

TeraTermの起動時に、ボーレートを指定する方法を記録しておこうと思います。


TeraTermのCOMポートのボーレート指定マクロ

どうやらコマンドラインから指定できないようですので、ttlマクロファイルを作成、ttpmacro.exeと紐づける流れになります。

シリアル接続用のttlファイル作成

たとえばボーレート115200でCOM3へシリアル接続する場合。次の内容のテキストファイルを作成します。

ファイルの拡張子は.ttlになります。「Tera Term 115k.ttl」で保存してみました。

同様に、ボーレート1500000で接続する場合は次の内容になります。

「Tera Term 1500k.ttl」で保存しました。

ttpmacro.exeにttlファイルを紐づけ

作成したttlファイルを右クリック、「プログラムから開く」を選択します。

「C:\Program Files (x86)\teraterm」フォルダの「ttmacro.exe」を選択します。TeraTermが起動して、指定したボーレートでシリアル接続されるかと思います。


シングルボードコンピュータを使う場合。キーボードやマウス、ディスプレイを接続しなくても、シリアルコンソールのみ接続すれば、手軽に使用することができます。

ttlファイルをダブルクリックすることで、さらに手軽に接続できるかと思います。

宜しければお試しください。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク