「システムで予約済みのパーティションを更新できませんでした」の対応例


Windows 10 May 2020 Updateの配信が始まりました。

手元のPCをアップデートしようとしたところ「このPCではWindows 10を実行できません」「システムで予約済みのパーティションを更新できませんでした」と表示されて、更新が進みませんでした。

少し調べてみたところ、Microsoftさんの公式ページに対応策が公開されているようです。

今後また発生する可能性もあるかと思いますので、対応例を記録しておこうと思います。


EFI領域の不要なファイルの削除手順(GPTパーティションWindows 10版)

「システムで予約済みのパーティション」の容量を拡張する方法もあるようですが。

それほど頻繁に使用する領域でも無さそうですので、私はMicrosoftさんの下記の公式ページの手順で対応しました。

ディスクタイプの確認

  1. ディスクの管理を起動します。
    diskmgmt.msc

  2. C:ドライブのあるディスクを右クリック→プロパティを表示します。このPCの場合は「ディスク2」にC:ドライブがありましたので、「ディスク2」の領域を右クリックしてメニューを表示しました。
  3. 「ボリューム」タブの「パーティションのスタイル」を確認します。「GUIDパーティション テーブル(GPT)」とあります。

MBRパーティションの場合や、Windows 7/8/8.1の場合、上述のMicrosoftの公式情報を御覧ください。

GPTパーティションを使用したWindows 10の場合

  1. 管理者権限でコマンドプロンプトを起動します。スタートメニュー→「cmd」と入力→コマンドプロンプト→右クリックメニュー→管理者として実行を選択しました。
  2. EFIシステムパーティションをY:ドライブにマウントします。
    mountvol y: /s

  3. フォントディレクトリに移動します。
    cd /D Y:\EFI\Microsoft\Boot\Fonts
  4. フォントを削除します。
    del *.*

以上で「システムで予約済みのパーティション」すなわち「EFIシステムパーティション」の空き容量を増やすことができました。

Windows 10を手動で更新するため、こちらから「Windows 10 更新アシスタント」をダウンロードさせて頂きました。

念の為PCを再起動後「Windows 10 更新アシスタント」を起動したところ、エラーが出ることなく更新が進みました。

同じ現象でお困りの場合、宜しければ試してみてください。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク