Raspberry PiでDebian 10 Busterプレビュー版を起動してみました

このような感じで、Debian 10 Busterのプレビュー版を、Raspberry Piで動かせるようです。

動作に必要な環境等を記録しておこうと思います。


対応するRaspberry Pi

基本的にこちらの情報をもとに、イメージのダウンロード・microSDカードへの書き込み、起動を行いました。

Raspberry Pi 3ファミリーに対応し、3B+及び3A+を追加しました、との記述があります。

手持ちのRaspberry Pi 3 Model Bで試したところ、問題なく起動しました。起動後、カーネルのアーキテクチャ(uname -aコマンド)とバイナリの形式(fileコマンド)を確認したところ、aarch64、64ビット版のカーネルとコマンドでした。

Raspberry 3ファミリー以外の機種、Pi(無印)、Pi 2、Pi Zero、Pi Zero Wは基本的に64ビットに対応していないため、恐らく非対応なのではないかと思います。(Pi 2の一部のロットは64ビット対応のようですが、実際に使われている方はいらっしゃるのでしょうか?)


Debian Buster PREVIEW起動手順

  1. Debian Wikiの内容に従って、イメージをダウンロードします。

    ファイル名から2018年12月4日のプレビュー版イメージのようです。今後、イメージが更新される可能性もありますので、こちらのURLは使用せずに、実際にダウンロードする際に上記のDebian Wikiの内容を確認してみて下さい。
  2. Windows 10のPCにてmicroSDカードに書き込みました。xz圧縮に対応したEtcherを使用させて頂きました。
  3. Raspberry PiにmicroSDカードをセットして起動します。
  4. ログイン/パスワードはroot/raspberryのようです。

パーティションの拡張は自動で行われるようです

初回起動時、パーティションの拡張が行われた模様です。

64GBのmicroSDカードを使用したところ、/(ルート)の空き容量は54GB確保されていました。


X Window Systemは?

プレーンなX window systemとtask-gnome-desktopをインストールしてみました。

インストールの途中で、キーボードの種類の入力を求められます。gnome環境のインストールは1時間以上かかったかと思います。

おうちの環境(Raspberry Pi 3 Model B)では、X Window Systemはうまく動きませんでした。残念・・・。

動かない明確な原因はわかりませんが、microSDカードの相性や、電源容量不足等の環境依存の可能性もありますので、実際にお試し頂いたほうが宜しいかと思います。

※19.1.25追記:そういえば「apt upgrade」を行わないと、実際にパッケージの更新がされないようです。お試し頂く場合、upgradeをお忘れなく。


プレビュー版を動かしてわかった事と致しまして。

2019年にリリース予定のDebian Busterは、64ビットカーネルとコマンド(バイナリ)に確実に対応する方向であることがわかりました。

シンプルに考えると、CPUのレジスタが32ビットから64ビットレジスタに変わることで、一度に2倍のデータを扱う事ができる計算になります。(実際はそのような単純な話ではありませんが)

X Window Systemも64ビットバイナリに対応し最適化が進めば、今後Raspberry Piのパフォーマンス向上に期待できそうです。

正式リリースを楽しみに待たせて頂きたいと思います。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク