ドライブレコーダー VANTRUE N2 Proのファームウェアアップデート手順


ドライブレコーダー VANTRUE N2 Proのファームウェアをアップデートしてみました。

ファームウェア更新により、256GBのmicroSDカードが使えるようになるほか、バッテリーレベル表示のバグ修正や、画質の調整等が行われるようです。

2019年8月14日リリース版で、バージョンはVTN2Pro9G.V35になります。

アップデート手順を記録しておこうと思います。


VANTRUE N2 Proについて

フロントと車内の撮影が可能なドライブレコーダーになります。車内用のカメラは、上下方向の微調整が可能です。

マウンタをGPS付きのものに変更すると、撮影場所が記録されるほか、時刻が自動的に設定されて大変便利です。


ファームウェアダウンロード

こちらのページから、最新版のファームウェアをダウンロード致しました。

※19.9.28追記:日本向けのファームウェアもあるようです。こちらのほうが良いのでしょうか?

「A95LYD.bin」というファイル名になります。

アップデートの手順は、こちらからダウンロードしたワードファイルに記載されています。

こちらの手順でアップデートを行いました。


ファームウェア更新手順

アップデートに一時的にPCを使用しますので、カメラ本体をマウンタから取り外しておくほうが良さそうです。

  1. VANTRUE N2 ProにmicroSDカードをセットします。最新のファームウェアは256GBまで認識されるそうですが、ファームウェアが古い場合、8GBから128GBの容量のみ認識されるそうです。64GBのものをセットしてみました。
  2. VANTRUE N2 Pro付属のmini USBケーブルでPCと接続します。VANTRUE N2 Proの電源が入ります。
  3. メニューから「ストレージ」を選択します。ドライブ(例えばE:等)が割り当てられ、PCからmicroSDカードにアクセスできるようになります。
  4. ダウンロードしたファームウェアをmicroSDカードにコピーします。
  5. タスクバーのUSBアイコンをクリック、microSDカードのドライブを取り外します。
  6. USBケーブルを抜いて、VANTRUE N2 Proの電源を切ります。

ファームウェア更新

  1. VANTRUE N2 Proを車内に戻して、バッテリーに接続して電源をオンにします。

もしも車外でドライブレコーダーを使用したい場合、よろしければこちらの記事を御覧ください。

  1. 30秒~1分で、ファームウェアが自動更新されます。その間、画面に何も表示されませんが、決して電源を切らずにしばらくお待ち下さい。
  2. ファームウェア更新後、画面が表示されます。
  3. System Setupメニューから
  4. SystemInfoを選択
  5. ファームウェアのバージョンを確認します。正しく更新されたようです。

メニューの日本語化

  1. Languageメニューから
  2. 日本語を選択、メニューを日本語表示に戻しておきました。

microSDカードのフォーマット

ファームウェアが正常に更新されると、「A95LYD.bin」ファイルは自動的に削除されるそうですが。アップデート手順に従い、念の為microSDカードをフォーマットしておきました。

  1. システム設定メニュー、フォーマットを選択します。
  2. 確認を選択して、microSDカードを初期化しました。

以上でVANTRUE N2 Proのファームウェア更新が終わりました。

正式に、容量256GBのmicroSDカードを使用できるそうですので。

何かのトラブルに備えて、ドライブレコーダ用microSD大容量化も宜しいかと思います。

動作温度-25~85度に対応した、高耐久ドライブレコーダー向けmicroSDはこちらになります。ハイスペックの256GBも、ずいぶん値段が安くなりましたね。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク