Vagrant(VirtualBox)のUbuntuストレージ容量を拡張するには

先日、Windows 10 PCの中に構築した、Ubuntu 18.04環境。

NVIDIA SDK ManagerからJetPack 4.2をインストールしようとしたところ、(仮想)ストレージの空き容量不足で失敗してしまいました。

ストレージの拡張は、Vagrantのプラグインで行えそうです。

Vagrantプラグインについて情報源の覚書と、ストレージの拡張手順を記録したいと思います。


Vagrantのストレージ拡張手順 VirtualBox向け

Vagrantのプラグイン一覧

Vagrantを便利に使用させて頂くとき、様々な機能を提供して下さる各種プラグインは必須かと思いますが。

そのプラグインの一覧は、このあたりにまとめられているようです。

こちらを拝見致しますと。今回の目的、ストレージの拡張は「Resize disk for VirtualBox machines」で行えそうです。

こちらの手順で行わせて頂こうと思います。

vagrant-disksizeプラグインによるストレージ拡張

vagrant-disksizeプラグインのページを拝見致しますと、次のような注意書きがありました。

  • VirtualBoxが対象です。
  • Ubuntu Xenial等、メジャーなオフィシャルイメージに対応しています。
  • 拡張のみできます。縮小はできないようです。
  • guest機能を利用して、パーティションとファイルシステムのリサイズを行います。
  • Vagrant 1.8.5とVirtualBox 5.1.xより前の古いバージョンではテストしていません。

Ubuntu環境作成時「vagrant plugin install vagrant-vbguest」を行っておりましたが、(たまに入れ忘れるので)忘れずインストールしておいたほうが良い感じがします。

では実際にストレージに拡張してみたいと思います。

事前にsshでログインして、既定のストレージ容量を確認してみました。ubuntu/bionic64 boxの既定値は9.7GBのようです。

  1. sshからログアウト、vagrantマシンを停止しておきます。
  2. 関連プラグインをインストールします。
  3. Vagrantファイルを編集して、ディスク容量を指定します。プラグインページの記述の通り、box行の下に追加してみました。こちらのboxはUbuntu 18.04 Bionic Beaverになります。

  4. vagrantマシンを起動します。

    起動時、確かにリサイズが行われたことをログで確認できました。

sshでログインしてdfコマンドを実行。無事、ストレージ容量が拡張されていました。

ありがたく容量不足の問題が解決したところで。ありがたくUbuntuを使用させて頂きたいと思います。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク