Logicoolのオレンジ色アイコンが突然現れて操作を奪われるとき

全画面のゲームで遊んでいたところ、突然デスクトップに画面が戻り。

タスクバーを見てみると、オレンジ色のアイコンがチラリ。

これはかなりイライラしますね。

対策を記録しておこうと思います。


1.Unifying Softwareをアンインストール

もしも、Unifying Softwareがインストールされている場合は、アンインストールしましょう。

Unifying対応のレシーバーに、マウスやキーボードを登録する場合、Unifying Softwareが必要になりますが、普段はあまり使用しないアプリかと思います。

登録が終わったら、アンインストールしておきます。


2.Logicool Optionsの自動更新無効化

ここから先は、こちらを参考にさせて頂きました。

どうやらLogicool OptionsにUnifying Softwareが含まれているため、Logicool Optionsがインストールされていると、フォーカスを奪われる現象が発生するようです。

まずは次の手順で、自動更新を無効化しました。

  1. Logicool Options設定画面の左下の「増加」ボタンをクリックします。ちなみにこれは「more」の誤訳でしょうか。正しい翻訳は「追加設定」とか「詳細」あたりでしょうか?
  2. 「ソフトウェア」を選択します。
  3. 「更新の自動確認」のチェックを外します。

3.Logicool Optionsを更新

2022年1月8日現在、最新版のLogicool Optionsは2022年1月7日に公開されたバージョン9.50.269です。

最新版に更新しておきましょう。


4.それでもダメならLogicool Optionsと「DJCUHost.exe」削除

以上でLogicool Optionsを最新版に更新して、自動更新を無効にしましたが。

もしもこれでも直らない場合、例の困ったアプリ本体を消す必要がありそうです。

例のオレンジ色のアイコンのアプリ本体ですが、少し分かりづらいところにあるそうです。

%PROGRAMDATA%\LogiShrd\LogiOptions\Unifying

これが困ったことに、Logicool Optionsをアンイストールしても、このアプリが消えない場合があるそうです。

このため、最初にLogicool Optionsをアンインストール後、「%PROGRAMDATA%\LogiShrd\LogiOptions」フォルダを手動で削除します。

これで原因となるアプリを完全に消去できたかと思います。


Logicool Optionsは、キーボードのファンクションキーを使うために必要のため、アンインストールはあまりしたくありません。

2022年1月7日に最新版のLogicool Optionsが更新されていますので、まずは手順の3番まで様子を見たいと思います。

それでもダメなら、手順の4番、元凶のDJCUHost.exeを消そうと思います。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク