Raspbian Liteの初期設定 令和2年(2020年)3月版

たとえばRaspberry Piにストレージを接続、サーバ用途にしたい場合。

GUI(デスクトップ)が不要でしたら、Raspbian Liteを選択すると、ストレージの容量を節約できるかと思います。

令和2年(2020年)3月現在の、Raspbian Liteの初期設定手順を記録したいと思います。


起動用microSDカード作成

イメージの書き込み

こちらのRaspbian Buster Liteイメージは、公式サイトからダウンロードさせて頂きました。2020年2月13日版のようです。

microSDカードへの書き込みは、えっちゃんさんを使用させて頂きました。


ssh有効化

Raspberry Piにキーボードとかマウスとかディスプレイとか接続するのが面倒d

本当はシリアルコンソールで設定したかったのですが。2020年3月現在、Raspbian起動時、既定の設定ではシリアルコンソールが使用できないようです。

代わりにSSHを有効にしようと思います。microSDカードのboot領域に「ssh」または「ssh.txt」というファイルを作成しておきます。中身は空で大丈夫のようです。

これでRaspbian起動直後から、SSHでアクセス可能になります。

つまり、Raspberry PiにmicroSDカードをセットして、LANケーブルと電源ケーブルのみ接続すれば、他のPCから初期設定が可能になります。


raspberrypi.localまたはIPアドレスでSSH接続

こちらの記事のように

IPアドレス、MACアドレス、ベンダー名を表示するツールを使うと、IPアドレスを探すのが楽かと思います。

Windows 10等、mDNS対応のOSでは、raspbianのホスト名の既定値「raspberrypi.local」でSSH接続できるようですが、上図のようにRaspbianが2台あるとうまく接続できないようです。

TeraTermさんを使用させて頂き、初期ユーザ名/パスワード=pi/raspberryでSSH接続しました。


アップデート・アップグレード

取り急ぎパッケージのアップグレードを行っておきました。

sudo apt update
sudo apt upgrade -y


raspi-config

raspi-confiで初期設定を開始します。

sudo raspi-config

メインメニューはこのような感じです。

上下キーで項目の選択、TABキーでSelectやFinish等のアクションの選択、ENTERで実行のようです。

piユーザのパスワード変更

「1 Change User Password」からpiユーザのパスワードを変更しておきます。

ホスト名変更

「2 Network Options」→「N1 Hostname」を選択、ホスト名を変えておきます。

録画サーバにする予定から、pitvにしてみました。IPアドレスの変更は、raspi-confiでは行えません。方法は、記事の後半に記載致します。

ロケールの追加

「4 Localisation Options」→「I1 Change Locale」を選択します。

既定では、「en_GB.UTF-8」が選択されています。これはそのままで。

ja_JP.UTF-8を選択後、スペースキーを押下して*マークをセットしました。

TABキー→ENTERキーでOKを選択します。これで日本語が追加されましたが、次に既定のロケールを何にするか選択します。

文字が化けるようなら、en_GB.UTF-8を選択しておくほうが良さそうです。

タイムゾーン設定

「I2 Change Timezone」を選択します。

Asiaを選択します。

Tokyoを選択しました。Tボタンを押すとジャンプできるようです。

コンソールを接続する場合、キーボードレイアウトを設定

SSHで接続した影響でしょうか、「I3 Change Keyboard Layout」を選択してもうまく動作しませんでした。Raspberry Piにディスプレイ・キーボード・マウスを接続する場合は、設定しておいたほうが良いかと思います。

シリアルコンソールやSSHで接続する場合、ターミナルエミュレータ(TeraTerm)がキーボードレイアウトを調整してくれますので、設定しなくても影響は無さそうです。

Wi-Fi Country設定

「I4 Change Wi-fi Country」メニューから、JP Japanを選択しました。

Wi-Fi内蔵のRaspberry Piを使用する場合、ちゃんと設定しておいたほうが良い気が致します。

再起動

設定が完了し、<Finish>を選択すると、再起動の確認画面が表示されます。再起動して設定変更を反映しましょう。

以上で初期設定が完了しました。お疲れさまでした。

IPアドレスを固定化したい場合は、次の設定をお願いします。


静的IPアドレスはdhcpcd.conを編集

静的IPアドレスを設定する場合、/etc/dhcpcd.confファイルを編集します。

sudo vi /etc/dhcpcd.conf

このような感じで。interface eth0に対して、static行を設定します。

interface eth0
static ip_address=<IPアドレス>
static routers=<ルータIPアドレス>
static domain_name_servers=<DNSアドレス1> <DNSアドレス2>

49行目から52行目までが追加した部分になります。

再起動後設定が反映されて、静的IPアドレスでSSH接続できるようになりました。


シリアルコンソールの有効化

まあ、おうちサーバということで。お手軽にRaspberry Piを管理できるシリアルコンソールも有効にしておこうと思います。

sudo raspi-config

raspi-configを起動後、「5 Interfacing Options」を選択。

「P6 Serial」をクリックします。

Yesを選択して、シリアルコンソールを有効にしました。 再起動後、このような感じでシリアル端子にコンソール出力が開始されました。


私がRaspbian Liteを選択した理由は、サーバとして利用したいため、GUI(デスクトップ、X Window System)を動かす予定がない、microSDカードの容量を節約したいという理由からです。

256GBのmicroSDカードを使用した場合、Raspbian Liteインストール後の使用可能領域は221GBになりました。

通常のRaspbianよりも、10GB程節約できている感じです。

空き容量もたっぷりあるところで。さてさて。次は何をインストール致しましょうか。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク